ホーム>保険>インフォメーション>自転車による「もしも」のために モンベルの保険でできること

自転車による「もしも」のために モンベルの保険でできること

2016/6/29

自転車で起こりうる事故の現実を知り、安心・安全な自転車ライフを。

イメージ画像

自転車事故の現実 ~潜む高額請求のリスク~

今や自転車ブームと言われて久しく、昨年6月には自転車に関する道路交通法が改正されました。自転車の交通ルール順守、安全への意識向上が叫ばれ、近年、自転車事故の件数自体は減少傾向にあります。
しかし一方で、自転車事故で高額の賠償金額になるケースが多く見受けられる実態があります。この賠償責任は、未成年といえども責任を免れることはできません。

イメージ画像

近年の条例制定の流れについて

こういった賠償金額の高額化を受け兵庫、滋賀、大阪をはじめ、全国各地で自転車損害賠償保険等への加入を義務付ける条例の施行が広がりをみせております。

イメージ画像

モンベルの傷害総合保険には、自転車での賠償責任の補償がセットされています。

イメージ画像

イメージ画像

オンラインで簡単にお申し込み可能!ライフスタイルにあわせた保険プラン

1年、3年、5年から選べる長期の傷害総合保険は保険開始日の前日までお申込みいただけます。賠償責任の補償だけでなく医療費用(実費)の補償をつけたスタンダードプランや、入院日額や通院日額までついた安心プラン等多数ご用意しております!

自転車での事故に加え、トレッキングやキャンプなどさまざまなアウトドアライフを楽しむ方には野外活動保険™がおすすめです。さらに本格的な山岳登はんやクライミングにまで対応した山岳保険もご用意しております。

安全な自転車ライフへの基本装備

イメージ画像

落車、転倒時に頭部を守る


重大な怪我を負った自転車事故の大半が頭部を負傷し重篤化するケースであるといわれております。
ヘルメットの着用が生死を分ける可能性があるため、各自治体ではヘルメット着用を推奨しております。
ツーリングなどのアクティビティはもちろん、通勤・通学時などの街中を走行する時にも危険が多く潜んでいることを十分理解し、安全運転を心がけましょう。

サイクルヘルメット
モンベルの軽量な自転車専用ヘルメットは、ヨーロッパ規格の自転車専用ヘルメットの安全基準の試験方法に適合しています。

2016.11 61402 17-108S
本書は、2017年10月末日まで有効です。
ただし、商品改定、保険料改定等により、本書の内容に変更が生じた場合は、無効となります。

一覧へ