ホーム>保険>モンベル山行保険(運動危険補償特約付国内旅行傷害保険)

モンベル山行保険(運動危険補償特約付国内旅行傷害保険)

モンベル山行保険の補償内容、プランをご紹介します。

モンベル山行保険(運動危険補償特約付国内旅行傷害保険)プラン表

加入手続きを完了した時刻(※)より開始し、住居に帰着した時刻または保険期間最終日の午後12時(24時)のいずれか早い方をもって終了します。
(※)出発以前に加入手続きを完了した場合は、国内旅行のために住居を出発した時刻となります。

保険期間(保険のご契約期間)は、旅行開始日より数えます。(初日算入)
例:1月1日から1月5日までご旅行の場合は5日間となります。

保険期間(保険のご契約期間)が7泊8日以上の旅行はご加入いただけません。

満期時の年齢が90歳以上の方はご加入いただけません。

モンベル山行保険(運動危険補償特約付国内旅行傷害保険)

【全てのプランにセット】

賠償事故解決特約

(単位:円)
プラン名 1泊2日まで 3泊4日まで 6泊7日まで
SD02 SF02 MD02 MF02 LD02 LF02
保険金額


死亡・後遺障害 263.1万 202.9万 115.4万 107.2万 252.3万 332.9万
入院保険金日額 2,000 × 1,500 × 1,000 ×

個人賠償責任 1億 1億 1億 1億 1億 1億
携行品(自己負担額3千円) 10万 × 10万 × 10万 ×
救援者費用等補償 300万 300万 300万 300万 300万 300万
遭難捜索費用 100万 50万 100万 50万 100万 50万
保険料 一時払保険料 2,000 1,000 2,000 1,000 2,500 1,500
付与モンベルポイント 60 30 60 30 75 45

補償内容(基本補償)

ケガをされ、お亡くなりになった場合、後遺障害が生じた場合

死亡保険金

イメージ画像

日本国内において旅行行程中の偶然な事故によるケガがもとで、被保険者(保険の対象となる方)が、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合、死亡・後遺障害保険金額の全額をお支払いします。
(注)既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、死亡・後遺障害保険金額から、既にお支払いした金額を控除した残額をお支払いします。

後遺障害保険金

イメージ画像

日本国内において旅行行程中の偶然な事故によるケガがもとで、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に被保険者の身体に後遺障害が生じた場合、後遺障害の程度に応じて死亡・後遺障害保険金額の4%~100%の額をお支払いします。
(注)死亡保険金・後遺障害保険金は合計して死亡・後遺障害保険金額を保険期間中のお支払限度とします。

ケガをされ、入院、手術をされた場合

入院保険金

イメージ画像

日本国内において旅行行程中の偶然な事故によるケガがもとで、入院された場合に、[入院保険金日額×入院日数]をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院日数に限ります。

手術保険金

イメージ画像

国内旅行中の事故の発生の日からその日を含めて180日以内にそのケガの治療のために手術を受けられた場合、入院中に受けた手術の場合は入院日額の10倍、入院中以外の手術を受けた場合は入院日額の5倍の金額をお支払いします。

補償内容(特約)

個人賠償責任

イメージ画像

日本国内において旅行行程中に誤って他人にケガをさせたり、他人の物(注1)に損害を与えたりして、法律上の損害賠償責任を負われた場合、1回の事故につき、個人賠償責任保険金額を限度に損害賠償金をお支払いします。また、損害の防止・軽減、訴訟・示談に要した費用等(注2)を賠償金とは別枠でお支払いします。
(注1)「他人の物」には、宿泊施設の客室、客室内の動産、客室外におけるセイフティボックスのキーおよびルームキーを含みます。
(注2)損害の発生または拡大の防止に必要・有益な費用に対しても保険金をお支払いできる場合があります。
例)スキー・スノーボードで滑降中、他人にぶつかってケガを負わせてしまった。

全てのプランに次の特約をセットしています。
賠償事故解決特約
折衝、示談または調停もしくは訴訟の手続(弁護士の選任を含みます。)は原則として富士火災海上保険株式会社で行います。ただし日本国内で発生した事故に限ります。

携行品

イメージ画像

日本国内において旅行行程中に、偶然な事故により携行品に損害が生じた場合、携行品1つ(1組、1対)あたり10万円を限度として損害額をお支払いします。(注1)(注2)
ただし、保険期間を通じて、携行品保険金額をお支払限度とします。
※損害額とは、修理費または時価額のうち低い額をいいます。
(注1)現金・乗車船券・宿泊券等は合計で5万円限度です。
(注2)1回の事故あたり、自己負担額は3,000円です。
例)ビデオカメラやデジタルカメラを落として壊してしまった。
  スキー板やスノーボードを破損した。

救援者費用等補償

イメージ画像

日本国内において旅行行程中に、乗っていた航空機・船舶の遭難や、旅先でのケガによる入院(14日以上の入院に限ります。)などで、保険契約者、被保険者またはその親族が実際に支出された捜索や救助にかかる費用または事故現地への旅費などの費用のうち、社会通念上妥当な部分で、かつ、保険事故と同等のその他の事故に対して通常負担する費用相当額をお支払いします。
ただし、保険期間を通じて、救援者費用等保険金額をお支払限度とします。

遭難捜索費用

イメージ画像

日本国内において山岳登はん(ピッケル・アイゼン・ザイル・ハンマー等の登山用具を使用するものおよびロッククライミング、フリークライミングをいいます。)の行程中に遭難された場合、被保険者の捜索・救助・移送のために捜索者に支払った費用のうち、社会通念上妥当な部分で、かつ、保険事故と同等のその他の事故に対して通常負担する費用相当額をお支払いします。
ただし、保険期間を通じて遭難捜索費用保険金額をお支払限度とします。

対象となるスポーツ

モンベル山行保険は以下のスポーツが対象となります。

モンベル山行保険対象スポーツ

イメージ画像

モンベル山行保険の対象となる山岳登はんとはピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を携帯する登山、ロッククライミング、フリークライミングをいいます。また本来これらの登山用具を使用すべき登山で冒険的に使用しなかった場合を含みます。なお「軽アイゼン」のみを装着するようなケースは山岳登はんには該当しません。

  • モンベル山行保険はモンベル野あそび保険の対象スポーツも保険の対象です。

加入条件

ご加入者(保険料相当額負担者)について

以下の要件を満たすことが必要です

  • モンベルメイトであること。
  • インターネットメールアドレスを所有していること。
  • 本人名義のクレジットカードを所有していること。※お取扱いカード:VISA・DC・MASTER・SAISON
  • 加入時点の年齢が満20歳以上で法律上の行為能力を有していること。

保険の対象となる方(被保険者)について

  • 日本国内に居住する個人です。
  • 保険期間終了時点での年齢が満90歳以上の場合はご加入いただけません。
  • ご加入者ご本人もしくは、加入者との関係が配偶者、加入者の同居の親族、加入者の別居の子ども(未婚※)のいずれか1名です。

    未婚とは、これまでに婚姻歴がないことをいいます。

その他ご加入条件について

  • 保険期間(保険のご契約期間)は日帰りから6泊7日となります。
  • 保険責任開始時刻は加入手続きを完了した時刻(※)となります。

    出発以前に加入手続きを完了した場合は、国内旅行のために住居を出発した時刻となります。

  • 保険料相当額のお支払い方法はご加入者本人名義のクレジットカード一括払いのみとなります。
  • 保険契約の申込みの撤回等(クーリングオフ)は対象外となりますのでご注意ください。
  • 直近2年間で3回以上かつ合計30万円以上の保険金を受領されたことがある方はお申し込みいただけません。
  • 既にご加入されている同種の保険の合計額と、今回ご加入予定の保険金額との合計額が、死亡・後遺障害保険金額で1億円(無職者は2,000万円)を超える場合、入院保険金日額で30,000円(無職者は10,000円)または、通院保険金日額で20,000円(無職者は6,000円)を超える場合は、ご加入いただけません。
  • 以下のいずれかに該当する場合、ご契約いただける死亡・後遺障害保険金額は、他の保険契約と合算して1,000万円が限度となります。

    1.被保険者が保険期間開始時点で満15歳未満の場合
    2.被保険者がご加入者本人以外の場合

保険の申し込み

オンラインで簡単に保険加入の申し込みができます。

保険加入申し込み